山岳修業

日本には古来より山に籠り、験力を得て衆生を救済するという思想が根付いています。

山は自然の母です。幾万もの生命を育み、そして死んでいきます。山とはそれ一つが生死を包含する壮大な世界を示しているのです。

その中に分け入ることで、自然の力を身に宿すことこそ「修験」です。



当山でも、定期的に山へと登ります。時には鎖一つでがけに挑むような険しい山道を行く。

その中に、人生のありよう、覚悟の大切さ。そしてなにより自分自身を見つめなおし、自然とのつながり、生きていることを再確認するのです。

凡夫たるわれらは自然の中に生まれ、死んでいくことを再確認しなければ、いただいたこの命を尊重することなどできません。ゆえに修行のなかで見出していく必要があります。

山岳修業は私たちに様々なメッセージを授けてくださいます。それが通常の登山との大きな違いでしょう。



0件のコメント

最新記事

すべて表示